5月7日(日)福山市曙町の「光榮寺寺基移転150周年記念永代経法要」に招かれました。慶応3年でご住職で19代目ですから由緒あるお寺の記念法要に招かれ恐縮でした。呼んでもらった切っ掛けは昨年広島のお寺さんにご住職が説教師としてお出でになられて私の落語を聞かれたことからでした。少し早めに出て福山城に立ち寄り参りましたが写真のように市内中心部の平地の立派なお寺さんでした。福山は今年2回目ですがこちらでも認知されてもう少し呼んでもらう回数が増えればと思い頑張りましたが少し空廻りしたかな?落語は馴染みのない方が多かったのか最初は皆さま押さえ気味の笑い、いつも通り最初から飛ばして行けば良かったかな?でも徐々にほぐれていかれ最後は楽しまれたのではと思います。ありがとうございました。合掌。

演目:「寿限無」「新世帯念仏」「八五郎出世」