6月1日(木)三次市三次町の常順寺に招かれました。昨年、三次市民文化ホール「きりり」であった三次在住の民舞民謡の藤本流の柘植先生の会に招かれて落語をやった時に偶々同じ楽屋におられた尺八の先生が常順寺のご住職で声を掛けて頂きました。いつも広島の「ジャンボたっぷり会」などに掛け付けて下さる三次市在住の追っかけの山下先生も準備からお手伝いいただきました。ありがとうございます。

演目「寿限無」「真心サービスおじんタクシー」「八五郎出世」寿限無は友人の三村松副社長の進言でお寺用に文言を付け加えてます。住職にも檀家さんにも評判いいです。