9月3日(日)呉市音戸市民センターで「くれまちかど寄席in音戸」が開催され(来場者約100名)ジャンボ一門で出演しました。一昨年3月に岩国の公民館に招いてもらった時のご担当の女性が来て下さいました。先日メールを送ったら前日に「9/23のチケット音戸に買いに行きます」のメールが入り吃驚でした。ちょうど岩国に連れて行った小ぶしも出演してて再会、食事をしながら、当時のことに花が咲き小ぶしは人前で演じるのが二度目で演目は「桃太郎」で彼女曰く「頑張ってるけどまだまだだったね。どれだけ上手になってるか楽しみ」。終演後「上手くなってたわ、吃驚」、実際この日の小ぶしは出来は良かったです。教えて3年、石の上にも3年コツコツやればモノになるもんですね。小ぶしも勉強になったでしょうが私の方が教えられます。

写真で小ぶしと私の間におられる方です。広島の落語会を偶々観に来てもらってて声を掛けてもらったお蔭で15公民館に呼んでもらってますので有り難いです。明るい女性で気さくで何よりフットワークがいいですよね。本当に嬉しい1日でした。

演目:小ぶし「権助魚」コント・土岐の城「番頭さんとお客さん」おかわり「転宅」バズーカ「漫談・新幹線の車掌  の奥さん」ジャンボ「妻の旅行」