10月15日(日)福山県民文化センターで開催された三味線民謡「ちとせ会」の40周年記念大会に招かれました。出番が電話で13時と言われたのを3時と勘違いし、会場入りが13時前で楽屋で食事をしてたら「何をしとってんです!」と言われ大慌てで着物に着替えて袖に行ったら司会者が緞帳前で繋いで(10分程度)おられ、皆の冷たい目が痛いほど感じ高座に上がりました。

20分良く笑ってもらい袖に戻った時には皆さんの笑顔に迎えられました。終演まで残って会主さん初め皆さんに頭を下げて廻りました。