6月4日(月)4年前より三原市沖のフェリーで約20分の佐木島(島民約800名)にある鷺浦小学校(今年は全校生徒11名)に落語を教えに行ってます。この日教えたのは5年生の双鷺亭永尾(そうろていえび)君と双鷺亭咲良(そうろていさくら)ちゃん。演目は「夕立屋」と「鶴」です。ここの生徒は素直で今日も一所懸命に取り組んでくれました。

10年程前から柳家花緑師匠が佐木島で落語会をされていて今年は6月23日(土)に開催されますが3年前から鷺浦小学校のちびっこ落語家が前座を務めてます。

200名近い観衆の前で座布団の上に座って一人で約10分間演じるのですから凄いことですよね。校長先生がこういった経験で生徒が成長してくれればと仰ってましたが、私も少しでも役に立ててれば有難いです。

練習はこの日だけの1演目45分づつですので上下を教えて私が演じたのをビデオに撮ってもらい所作を練習してもらいようにしました。昨年から英語にも取組まれていて(専任の外国人先生もおられ)いて挨拶とお礼は英語でされました。また今年の運動会は全校生徒で一輪車に取り組んだそうです。先日行った広南中もですが何事もチャレンジされてますよね。