6月9日(土)倉敷市紗美小学校(全校生徒23名)で学校寄席を行いました。3月の倉敷での落語会開催の時に小なんが地元の山陽新聞に「公務員落語家 倉敷の人に笑いを」と大きく掲載されたのが今回の学校寄席のきっかけになりました。倉敷美観地区から30・40分の瀬戸内海沿いの岡山を代表する海水浴場近くの小学校です。

90分間でしたが小噺や蕎麦の食べ方をちびっこ落語家に座布団の上で演じてもらい盛り上がった学校寄席になりました。手前みそですが小1~6年・保護者の方にも楽しんでもらったようです。小なんは生徒に「小なんさん面白かった」と言われ有頂天になってました。

昼は焼肉食べて近くの公民館(郷土資料館)にこっそり入って1時間半みっちり稽古しました。「間・メリハリ・顔を造る」ということがやっとわかってきましたとえらい自信をもってました。だけど小なんもわけぎも熱心です。