10月26日(水)呉港高等学校芸術鑑賞会が呉市文化ホールで開催されました。同校では毎年「ミュージカル」「古典芸能」などに触れる機会として芸術鑑賞会を開催されてます。今回二度目の企画を依頼され3年前と同じ古今亭菊志ん師匠、柳貴家雪之介さんと私で寄席の世界を鑑賞して頂きました。高校生で立派な会場で今旬の菊志ん師匠に引っ張りだこの雪之介さんという贅沢なメンバー(私も入れさせてもらって)を見れるのは贅沢ですよね。

生徒さんたちは「落語」「大神楽」といっても普段余り馴染みがないなか菊志ん師匠の軽妙な身ぶり手振りと語り口に笑いがこぼれ、生徒と先生が高座に上がっての落語の仕草を演ずる体験コーナーでは拍手と笑いががおき、雪之介さんの大神楽には「ウオ~!」「キャ~!」と大歓声と拍手、最後の菊志ん師匠の古典落語「悋気の独楽」ではすっかり寄席の世界に入り込んできてくれてました。生徒さん達には思い出に残る1日になったのでは。ありがとうございました。

 

 

10月26日(水)呉港高等学校芸術鑑賞会が呉市文化ホールで開催されました。同校では毎年「ミュージカル」「古典芸能」などに触れる機会として芸術鑑賞会を開催されてます。今回二度目の企画を依頼され3年前と同じ古今亭菊志ん師匠、柳貴家雪之介さんと私で寄席の世界を鑑賞して頂きました。高校生で立派な会場で今旬の菊志ん師匠に引っ張りだこの雪之介さんという贅沢なメンバー(私も入れさせてもらって)を見れるのは贅沢ですよね。

生徒さんたちは「落語」「大神楽」といっても普段余り馴染みがないなか菊志ん師匠の軽妙な身ぶり手振りと語り口に笑いがこぼれ、生徒と先生が高座に上がっての落語の仕草を演ずる体験コーナーでは拍手と笑いががおき、雪之介さんの大神楽には「ウオ~!」「キャ~!」と大歓声と拍手、最後の菊志ん師匠の古典落語「悋気の独楽」ではすっかり寄席の世界に入り込んできてくれてました。生徒さん達には思い出に残る1日になったのでは。ありがとうございました。