「落語とクラシック音楽の巨匠たち」のご案内。
【日時】令和3年3月21日(日)開演14:00~
【会場】呉信用金庫ホール(呉市文化ホール)
●落語家ジャンボ衣笠が、愛音の会の定期演奏会のために書き下ろした創作落語とクラシック音楽(フルート、ピアノ、マリンバ·パーカッション、クラリネット、チューバ)の全国的にも珍しいレアコラボ企画です。
●あらすじ∶ 令和の男子高校生、その叔母、お婆さんがクラシック音楽の古典派時代18世紀にタイムスリップして、チャイコフスキー、バッハ、モーツアルト、ベートーベンの巨匠たちに、さらに古関裕而までも絡んで繰り広げられる笑いもふんだんに入った45分間のコミカルな話。
●創作で苦労したことは、クラシック音楽の時代背景、巨匠たちの人物描写を史実にのっとって正確に創って下さいと言われ、何度も創り直したことと、ストーリーを崩さないように笑いを取り入れたところです。
●挿入曲「白鳥の湖」「 栄冠は君に輝く」「G線上のアリア」「運命」「英雄」「悲愴」「 アイネクライネナハトムジーク」「 トルコ行進曲」
●入場料1,000円、大学生以下500円(自由席) 、 未就学児童のご入場はご遠慮ください
●チケット予約は
携帯090-3636-0272
e-mail∶usaginokoubutujyon@yahoo.co.jp
尾崎まで