3月27日の「ジャンボ衣笠ひとり会」に出てくれるジャンボ亭小乃葉が、先週の土曜日に足の小指を怪我しました。
お母さんの言葉を借りれば割けて7針縫ったということです。
今は、松葉杖を使って来週始めには抜糸です。
ただ、来週の本番土曜日に正座出来るか?
本人は出ますと言ってます。ここ1年間はコロナで11月の生徒の発表会に出ただけですから、私としても出してやりたい のは山々ですが。
小乃葉は教え出して丸2年間、月2回の教室を一度も休んだことはありません。
今回かける「初天神」も上手に演じれるようになりましたし、私としても何とか間に合えばと思っております。
正座が難しい場合は、お寺で使うお尻の下に敷く枕を使って座らせて(お寺のお嬢様です)、お客さんから見えないように見台(けんだい)を使おうと思っています。
ご両親は出るか出ないかは私に任せますとのことですから、何とか間に合えばと思います。
落語会は前座さんも雰囲気を作る為には、大切な役割を担っていますので。