愛知県にお住まいのきよきよさん(お名前が喜代恵さん)から、「フェイスブックでお見かけするお二人の笑顔が凄く素敵です。

いつもこちらまで楽しくなります。素敵なお二人を表現したくて写真を取り込んで刺繍してみました」と我々夫婦の笑顔を刺繍にしてくださり送ってくださいました。

きよきよさんは、全国の社会人落語家では超有名な方です。ご自身が落語をされるのではなく、全国の落語会といっていい程の社会人の落語会を観に行かれ応援されています。

で、私は6年前の池田の社会人落語日本一決定戦(見事予選落ちしましたが)の時に声を掛けてもらい少しお話させて頂き、後日扇子入れとジャンボ衣笠の名前入りのポーチを送って頂きました。

気に入った落語家さんにプレゼントされているんだと思って(私の勘違いかも)嬉しい気分になったもんです。

私は昨年までfacebookに妻との写真を載せたことはありませんでしたが、妻が病気になったことで、下を向かずに意識してでも笑顔で過ごそう、そうしたら良いことがあるからと笑顔で過ごしています。

でその二人の写真をFacebookやブログに載せるようにしています。

でも、まさかこんなに早く凄いプレゼントが来るとは思いもしませんでした。

妻も宝物にすると感激しております。

きよきよさんに尋ねたら、写真からミシンで刺繍を縫うんだそうですが50本の糸を組み合わせて何度も何度も糸を換えるそうで、その作業が大変なんだそうです。

根を詰めて1枚(大きいサイズはA4)仕上げるのに8時間かかるそうです。

感謝ばかりです。きよきよさんありがとうございます。