7/4(月)東広島市の保護司会の総会にそ招かれました。
保護司とは犯罪や非行に走った人の更正を任務とされてます。社会を支える大変な役割です。
65才までの方が審査を得て任用され、75才以降は再任されず定年だそうです。
ボランティアですが皆さん遣り甲斐を感じておられ中途で辞める方は少ないそうです。
更正された方との付き合いあり中には結婚式に呼ばれたこともあるそうです。
しかし、約3割が再犯し、服役中の約6割は再犯者という厳しい現実だとそうです。
今日は総会の後に、OBも加わり食事で歓談され、午後から私の落語でアトラクションでした。
約70名のご参加で9割の方が男性で生で落語を観るのは4名で、皆さんお堅い感じで厳しいぞと覚悟して上がりましたが、意に反してよく笑ってくださり反応は上々でした。
お世話下さった担当の女性から想像以上皆さん楽しまれましたよと言われました。
お招き頂きありがとうございました。
先週水曜日からの酷暑の中4日間ありハードでしたが何とか持ちこたえ
ました。
次は一週間空きますので、その間に9月11月の大きな会の準備です。
7月26日にある熊野町防災講座で披露する創作落語も仕上げなきゃ。演目
老婆の休日
壺算
八五郎出世