7/30(土)は倉敷と竹原の2公演でした。
倉敷芸文館で「第一回ジャンボ亭小なん独演会」が開催され、私と倉敷市に実家があり偶々帰っていたジャンボ亭小いわが友情出演しました。
このところのコロナ禍で現地の方にスタッフとしての応援を頼み難いとのことで広島から二人が駆けつけました。
30名の小なんファンのご来場で暖かい声援で滞りなくなく終えました。
小なん一人で企画し開催した会は初めてでしたので色々と問題点もありましたが、また成長してくれることでしょう。
(番組)
小いわ 化物使い
小なん 転失気
ジャンボ 夏の医者
小なん 壺算

15時開演で16時20分終演で15分で片付けて、急いで次の会場の竹原市大乗ハイツ夏祭り19開演に。開演前10分前に到着。
こんなこともあろうかと柱笑福さんに応援を頼んでいましたので、笑福さんに前を勤めてもらい助かりました。
会場は自治会の駐車場での開催でしたが約100名のお集まりで音響環境もよく声も通り大いに盛り上がりました。
この大乗ハイツはもう12年前から呼ばれてます。
今回はコロナで4年振りに招かれましたが、26日のNHKテレビで私を観られてた方も多く小さな子供からもジャンボさんと声をかけられ、帰りの際は司会者が「ジャンボさんと笑福さんのお帰りです」と言われると大きな拍手がありました。
嬉しい限りです。

番組
笑福 川柳は心の憂さの吹き溜り
ジャンボ 動物園
笑福 更屋敷
ジャンボ ぼやき酒場