10/2(日)尼崎市で開催された第23回新人お笑い尼崎大賞 本選会【落語の部】で小5~高2まで落語教室で教えていた境家一八四(現在、慶應義塾大学3年、元ジャンボ亭小目)が「紙入れ」で大賞を受賞しました。
昨年も尼崎落語大会(落研選手権)で優勝していますが、今回は出場条件は学生、社会人でこの二つの大会を制したのは小目が初めてだそうです。
昨日に続いて幸せな一日になりました。
ぺんぎんと小目ありがとう。